アナルまるかじり

アナル開発、アナル拡張、体験談、アナル関する知識などを紹介しています。

2017年5月5日

前立腺を摘出してもドライオーガズムできる?

調教レッスン

この頃男性の病気で前立腺がんという病気をよく耳にします。日本では毎年、4万人から5万人が新たに前立腺がんになり、20万人前後が治療されているとも言われ、厚生労働省の研究班は2020年~2024年の間に日本人男性のがんで現在1位の胃がんを抜いてトップになるとも言われるくらい男性には身近となっている病気です。

前立腺がんの治療法は基本的に前立腺全摘手術となるようなので、いままで前立腺オナニーでドライオーガズムを得ていた人にとってはもうドライオーガズムできなくなるのか?と不安になったりします。

前立腺を摘出すると逆にドライオーガズムしやすい?

ドライオーガズムを得るために前立腺を指で刺激する。これは何度もお話しているのでご存知かと思います。しかしこの前立腺を摘出すると…なんとドライオーガズムしやすくなるのです。

前立腺は精管を囲む位置にあり、前立腺摘出をすると精嚢も切断され、射精する事ができなくなります。ひと昔前の前立腺摘出手術では勃起する神経も取り除いていたので勃起自体できなくなったようですが、最近では勃起する神経を残せるようになり、このためオナニーやセックスで絶頂を迎えても精子はでない=ドライオーガズムとなるわけです。

しかし、中には今までのドライオーガズムと感じが違うなんていう声があります。ドライオーガズムは射精直前の状態が長く続いている状態に比べ前立腺摘出をする精液が膀胱に排出される事があります。なので精管/尿道で射精をしている事になるので若干違うんですね。

できるならば、前立腺がんにはならない方がいいですが、もし前立腺がんになってしまって前立腺摘出となってもオーガズムは得る事ができるようなので一安心ですね。
また、簡単に検査できるようなので、できれば定期的に健診することもおすすめします。

露出倶楽部
Copyright©2016
All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲