アナルまるかじり

アナル開発、アナル拡張、体験談、アナル関する知識などを紹介しています。

2016年5月16日

アナル中級者になるために急激なアナル開発で大失敗

ちぇりっしゅ

この話は僕がまだアナル開発をしてから1年経った頃の話です。
まだアナル初心者だった僕ははやく一人前になりたいと焦っていました。

なにふり構わず大きいものをアナルに挿入すればアナル拡張できてアナル中級者になれると信じていました。
僕はそれまで指を2本同時に挿入するのが限界だった僕は焦るあまりいきなり拳(フィスト)をアナルにぶちこみました。

急激に拡張されたアナルの皮膚はメリメリと音をたてて裂けていくのがわかります。
同時にこのまま裂けた状態で元に戻らないとどうしようという不安も湧いてきました。

なま温い液体が手に当たるのが皮膚を通して感覚に伝わります。
急激な拡張に耐えれなかった肛門から血が溢れでていました。

結局安全面を考えて途中でやめざるを得なくなりました。
後でネットで検索してみるとアナルフィストプレイはアナル上級者のプレイだったのです。

アナル拡張は地道な開発が一番の近道だということが身をもってわかりました。
ネットや巷の噂に流されて急激な開発に挑戦したり、無謀な大きさに挑戦するのはオススメしません。

毎日5分でもいいので開発を続けて、少しづつサイズを大きくするのがベストです。
以上が僕のアナル開発失敗談です。

IROHA
Copyright©2016
All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲