アナルまるかじり

アナル開発、アナル拡張、体験談、アナル関する知識などを紹介しています。

2019年7月24日

アナルに使うローションの注意点

浣腸プレイ

アナルで楽しむセックスやオナニーではローションの利用は必須です。 女性の膣と違ってアナルは自らが濡れる事が無いのでチンコやディルドの挿入時は滑りを良くするためにローションの助けが必要になります。 ローションなどの潤滑油が無いと、挿入時に肛門が引っ張られて痛みを感じる他、出血や切れ痔の原因にもなるため、デリケートなアナルを守るためにも必ず使用したいですね。 どんなローションでも良いという訳でもなく、しっかりと製品を見極めてから使用しないと思わぬトラブルも引き起こす危険があるのでしっかりと吟味したいトコロ。 今回はアナルに使うローションについて解説していきます。

アナルに最適なローション

通常アダルトグッズでのローションは大きく2種類に分かれます。 まずはその二つの違いを知りながら、どちらがアナルに向いているのか見ていきましょう。

水溶性ローション

日本国内では最も多く使われているタイプのローションです。 水溶性の場合はプレイ後の処理が楽なのが特徴で、シャワーですぐに洗い流す事が出来ます。 ただ、水分が多い分、乾きが早いのがデメリットで、一度のプレイで何度も付けなおしたり大量に使う事もあります。

シリコンオイル系ローション

海外でのゲイカップルに多く使われており、アナルでのプレイにも広く定着しているコチラのローション。 オイルである分、体温での蒸発がしにくく長時間滑りを良くしてくれて一回のセックスで付け足しが要らないほど長持ちします。 水溶性ローションと違い、デメリットはオイルが主成分なので簡単には洗い流す事が出来ない所があります。

ローションも腸内で吸収される

人間の腸は案外なんでも吸収してしまう凄いヤツです。 もちろんローションも例外ではなくアナルプレイで入ったローションも腸壁から体内に吸収されてしまいます。 アナルプレイをしているうちに渇いて滑りが悪くなる理由にも腸がローションを吸収してしまっている事が挙げられます。 ローション自体は体に塗る物なので多少体内に取り込んでも大丈夫なように開発されていますが、 それでも本来体に入れるべきでない化学成分であることに違いは在りません。 アナル専用の安全なローションの利用が一番無難ですが、それでもしっかりと成分表は確認してから購入・利用を検討しましょう。

ローションの代用は考えない

手元にローションが無い場合や買うのが恥ずかしい場合、 別の何かでローションの代用にしようと考えがちですが、前述の吸収率の高さを考えるとローション以外の物で代用するのは危険が伴います。 例えばシャンプーやリンスー、石鹸など、口から飲んで危険だと思う物は利用しないようにしましょう。 代用できるものとしては体内に入っても安全な物かつ、長時間滑りを持続できる物が原則です。 代用するならばサラダ油化ワセリンにとどめておきましょう。

おしりクラブ
Copyright©2016
All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲