アナルまるかじり

アナル開発、アナル拡張、体験談、アナル関する知識などを紹介しています。

2018年6月5日

アナル開発の始め方【基本】

Anal CRIMSON

アナルプレイが出来るようになれば、行えるプレイが増えるだけでなく性の快楽がグンと上がりセックスや調教のマンネリ防止にもなります。
しかしだいたいの女性はアナル開発をしたことがありません。
このような女性をアナル調教好きにさせ、アナル拡張やアナルセックスが出来るように仕立てるにはどうしたらいいのか?
まだ試したことがない紳士淑女の皆さんには是非アナル開発に取り組んでもらいたいと思います。

アナルプレイは気持ち良くて好きだと感じるところから始める

一般の女性でアナルを拡張したいと思う女性は多くありません。アナル・アナルというのは男性やゲイ、ニューハーフの方だけなのです。エッチなことやSMが大好きな女性は別ですが。
そのため普通の人でも“アナルって気持ちいいんだ”と思ってもらうためにのめりこませなくてはなりません。

拡張されていないアナルにいきなりチンコもバイブも入りません。入っても無理矢理穴をこじ開けていれるので痛さしか残らない。これでは次回に繋ぐことはできません。
これを「楽しい。もっとやって」とされるためには。

オイルとアロマでアナルをマッサージする

性器とアナルはとてもデリケートな部分ですが、性器よりアナルの方が敏感なのです。性器は敏感ですが、ある程度痛みや刺激に対応できるようになっています。逆にアナルは基本ウンチの排泄意外に使いません。そのため触れることに対してはとても敏感なのです。

敏感ということは少し触るくらいでも非常に感じるということ。この感じる刺激を気持ちいい方に持っていきます。

ローションで滑りを良くしてアナルに指を1本。体が温まるころに2本、3本と入れて刺激に慣れてもらいます。この時アロマの香りを漂わせておくととても効果的です。香りはいつも同じで女性が好きな香りがいいでしょう。マンコを愛撫する流れでアナルを愛撫。これで香りを嗅ぎながら気持ちの良いアナルマッサージという癖を付けておきます。

指が3本入ればアナルグッズを使い始める

アナル開発時にはかならずオイルで滑りをよくしてマッサージすることから始めるのが基本です。アナル拡張が進んでガバガバアナルの場合は別。

指3本が余裕で入るようになるとアナルパールやディルドなどのアナルグッズの利用をオススメします。指では奥に入れるのに限界があるし、気持ちよさも一定です。アナルパールを使えば入れる刺激、玉を上下する刺激、ディルドは種類や太さ、大きさがいろいろあるのでアナル拡張にはなくてはならいないアイテム。またアナニーをするにも便利です。バイブなど刺激の強いものは初期の拡張で好む女性が少ないです。もう少し開発が進んでからにしましょう。
アナルセックスの疑似体験としてディルドなどの上下の気持ちよさを感じてもらうことの方がアナル開発は進みます。

可愛さの演出も必要

アナルグッズの中には可愛らしさを演出したグッズもあります。ふわふわの動物のしっぽが付いたディルドやキラキラストーンのついたアナルプラグは女性を可愛く見せるのに最適アイテムです。
そして女性を褒めること。エロくて感じちゃうという表現をすること。身体的な可愛さや美しさ、相手が感じている様を見ると女性は便乗して嬉しくなります。
こういった心理的な気持ちよさを相手に伝えることでアナル開発の進み具合も変わってきます。

アナル好き

ディルドが入ればアナルセックスもできる

自分のペニスと同じぐらいのディルドがズボズボ入るようになればアナルセックスの本番ができるようになります。
アナニーやアナルパールとは違い人のモノが入るのは感覚が全然違います。激しく動かさずゆっくり動きましょう。
これを気持ちがいいと感じればアナルバルーンで遊べるようになったり、浣腸プレイに進めたりすることもあります。

腸内洗浄は必ず行う

アナル拡張はアナル付近までしか指や物を入れませんが、アナルグッズを奥まで入れたり、アナルセックスをする際には必ず浣腸をして腸内洗浄をするようにしましょう。入れたものにべったりとウンチがつくのを避け、後処理を楽にするためです。
アナルや腸を刺激することにより下痢を起こすことがあったり道具やペニスに不快な匂いが残ったりします。

開発される側の体にも負担はかかります。
楽しさや気持ちよさをお互いに感じるためには無理をせず清潔さや安全さを最優先に考えると、本当に気持ちがいいプレイができるようになります。

浣腸プレイ
Copyright©2016
All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲