アナルまるかじり

アナル開発、アナル拡張、体験談、アナル関する知識などを紹介しています。

2020年7月22日

アナル拡張についてのイロイロは話しまとめ

ANALISK

アナルを拡張するにあたって不安に思うことはたくさんあると思います。
そんな不安をアナル経験者の体験をもとにQ&Aでお送りします。
拡張するにあたっての参考にしてみてください。

Q.アナル拡張は痛い?

A.アナル拡張を痛く感じるのは無理矢理こじあけようとするから。
初めてなら尚更、最初はゆっくり丁寧にアナル付近からアナル、アナルの内部とじわじわとマッサージするようにします。
ゆっくり開けることで違和感は感じても痛みは感じません。

Q.浣腸は絶対にしなくてはいけないのか?

A.相手や自分がうんこまみれでも構わない、むしろそっちの方がそそられるというならしなくてもいいと思いますが、基本は洗浄します。浣腸でなくてもシャワーやウォシュレットでも大丈夫です。少しでも中を綺麗にした方がうんこが付かないから不快感も少ない。

Q.臭いはどうなりますか?

A.拡張するということはアナルグッズなど中に異物を入れると思います。指や拳、腕、足を入れることだってあります。もちろん臭いは付きます。個人の感想ですが、人の場合は自身も匂いを持ってるし毎日体を洗うので、瞬間臭いが気になってもすぐ落ちるので気にならなくなります。ちゃんと洗えばそれで臭いは消えます。道具を使った場合は物によっては臭いが残りやすいかも?でもハイターに浸けてそのあと洗剤で洗えば大丈夫です。

Q.拡張するならずっと何かを入れ続けてないと無理ですか?

A.ずっと物を入れ続けている必要はありませんが、アナルプレイをする数時間前からプラグなどを入れておくとほぐすのが楽になるのでAFほかいろんなプレイがすぐできる。
初めての人でも元々バナナ1本は通るだけの広がりは出来るのだから、大きな物や太い物を入れたいのではないのなら日常的に入れ続けて生活しなくても大丈夫。そうゆうプレイなら別ですが。

Q.アナルが開いている人はやっぱりおむつ生活ですか?

A.穴の大きさにもよります。もう見事にぽっかりパックリいっちゃてる人はオムツ生活なんじゃないかな。
でもちょっとアナルやってる人かな?ぐらいの緩そうに見える感じならすぐ戻ります。早い人だと1、2日。遅い人でも10日から2週間程度で戻ります。

Q.拡張したら緩いままですか?

A.戻らないくらいパックリ開いている人以外は戻りますが、拡張する前の状態まで完全に戻ることはないと思います。と言ってもほぐせば開きやすくなるアナルというだけで日常生活に支障が出ることはないかと。全くいじらなければ半年もあれば元のアナルと同じ感じに戻る。

Q.戻ったアナルはまた一から拡張のし直しになりますか?

A.最低月に1回程度アナルをいじれば普段は締まりつつ、緩まりやすいアナルを維持できると思います。

Q.戻るアナルと戻らないアナルの境界線は何ですか?

A.なんでもやり過ぎは良くないですよね。アナルには外肛門括約筋と内肛門括約筋という筋肉がありますがその筋肉を壊すような拡張の仕方は戻らないアナル拡張になります。
多少大きく拡張していてもその筋肉を緩ませる拡張なら時間はかかってもゆっくり戻っていくと思います。

Q.縦割れと横割れの人がいますがどうやって拡張しているのですか?

A.その人たちが意識して縦や横に割っているのかはわかりませんが、その人の体つき?にもよりますが縦に広げるように指や道具を動かせばそのようになるし、そうじゃないなら横…というか全体的にぷっくり開くのかと。(意識したことが無いので多分という想像です)

Q.綺麗にアナルを広げるためには?

A.ちゃんと戻ることも考えて、アナニーでも人にやってもらうでも定期的にアナルをほぐし、アナルに意識を持っていって締める・緩めるのがちゃんとできるようにしておくと綺麗に拡張できるイメージかな。

Q.NGなアナル拡張は?

A.無理矢理開けることの一言になりますが、バイブや指でグリグリやり続けると、アナルも腸内も傷つけるので程々にした方がいいです。

以上、アナル拡張にまつわるQ&Aでした。
アナル拡張で後戻りできない状態の人もいますが、大きく開ければイケるというわけでもないし、ほどほどに拡張して日常生活に負担がかからないようにしていくのがベストかと思います。

ANALISK
Copyright©2016
All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲