アナルまるかじり

アナル開発、アナル拡張、体験談、アナル関する知識などを紹介しています。

2020年5月24日

初心者でも気持ちよくなれるアナルセックスのやり方【準備編】

おしりクラブ

この手の記事を読み進めようと思っている人のほとんどが、タイトル通りアナルセックスの初心者であることは言うまでもありません。
しかしそのほとんどの人が興味本位で始めようとしており、AVで見ただけの情報や単純なアブノーマル感にあこがれて安易に手を出そうとしています。
拙い知識でリスクも知らないままプレイを強行してしまい、自信やパートナーの身体を傷つけてしまったり、アナルプレイ自体への幻滅を招いてしまう事もあるため、基礎知識を覚えてから行うのは必須。
当記事に興味を持ち、ここまで読んだアナタであれば真面目にアナルセックスに取り組もうとしている事でしょう。
このまま初心者でも気持ちよくなれる、アナルセックスのやり方を読み進めてみてください。
ある程度経験を積んだ方でも“アナルセックスにおける初心者ユーザーはこんな事まで分からない”
といった事を気付けてあげれるだけでも価値があるので、ぜひ見て行ってほしい。

セックス前の準備

アナルとはウンチが出てくる穴であり、アナルセックスとは、そのウンチが出てくる穴にペニスを挿入することです。
当然、腸内を洗浄せずにチンコをアナルに突っ込むと、ウンチがチンコにこびりついて見た目もニオイも大変なことになります。
そうならないためにしっかりキレイに洗ってから、アナルセックスに挑む必要があります。
以下にカンタンな手順をまとめました。

①トレイでウンチをする

出せる範囲で良いので、ウンチをしておく。

②浣腸する

腸内を水や浣腸材を使って、腸壁に残ったウンチを洗い流します。
水で行う場合は、スポイトでぬるま湯を腸内に注入する方法と、お風呂場のシャワーを使った、一般的に「シャワ浣」と呼ばれる方法があります。

③シャワ浣のやり方

お風呂場のシャワーホースからシャワーヘッドを外し、ぬるま湯をチョロチョロと出します。
シャワーの先をアナルに当てて、腸内へゆっくりぬるま湯を流します。
腸内にある程度溜まったら、一度中のぬるま湯を出して再度ぬるま湯を入れましょう。
これを繰り返し、出したぬるま湯が透明になれば洗浄完了です。
シャワーの勢いと温度には気を付けましょう。

また、ウンチを完全に洗浄しようと思って角に浣腸の回数が多くなってしまうのもNGです。
直腸のさらに奥まで水が入り込み、アナルセックス中に出て来てしまってニオイや雰囲気を壊す原因になります。

アナルをほぐす

勃起したペニスをアナルに挿れる前に、アナルをほぐして挿入しやすくするのは一番重要な事だったします。
これをせずにアナルセックスを強行すると、アナルが切れてしまってケガをさせる危険があります。
ローションをなじませた後、まずは人差し指をゆっくり挿入しマッサージする要領でほぐしていきます。
円を描くように、やさしくゆっくり、最小限の動作で指を動かしながら様子を見て2本目の中指を挿れていきましょう。
相手の身体を気遣いながら、痛みを感じている時はすぐに中止します。
自分でやる場合も違和感や痛みを感じたら一度休憩を挟んだ方が良いですね。
焦らず、時間をかけて徐々にほぐして行くことを忘れないようにしましょう。

ほぐす前に手はきれいに洗い、爪を短く切って出来れば指サックやコンドームを使って、直接腸壁を触らないように心がけます。
もしアナルが切れて血が出てしまったら、消毒して完治するまでアナルセックスへの挑戦は控えてください。
アナルは思っている以上に傷つきやすいしデリケートだと言う事を自覚しないといけません。

アナルにも個性

人の性格も様々あるように、アナルにもそれぞれ性格があります。
大きく分けて、力を少し入れるとほぐしやすくor挿入しやすくなる「ふんばり派」と呼ばれるタイプと、全身の緊張を取ってアナルへの意識を遠ざけたり安心感を与えたりする事で開きやすくなる「リラックス派」と呼ばれるタイプの二つがあります。

前者はウンチを出す時と同じようなふんばり方で力を入れると、意外なほどすんなり開いてくれます。
後者は、特にアナルが緊張してガチガチに閉まっているので、乳首をいじったり頭を撫でたり、キスなど他の性感帯を刺激してアナルへの意識をそむけることで開きやすくなります。

一番最初のアナル処女を失う時は誰でも少なからず緊張するので、まずは身体と心の緊張からほぐしてもらうように努め、相手や自分がどちらのタイプなのか判断していきましょう。

おしりクラブ
Copyright©2016
All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲